バス釣り・バスフィッシングの
              持ち物・道具

1.タックル(釣竿・リール)

2.糸(ライン)・その他アイテム


バス釣り・バスフィッシングの
       ルアー・ワームの選び方

1.ポッパー

2.ペンシルベイト

3.ノイジー

4.スウィッシャー

5.ミノー

6.クランクベイト

7.バイブレーション

8.スピナーベイト、バズベイト

9.メタルジグ

10.ワーム(ソフトルアー)



バス釣り、豆情報!!

1.おすすめのルアー
    (管理人の爆釣ルアーなど)

2.スピナーベイトの動かし方

3.ブラックバスの習性

4.バスの活性が上がる時期は?

5.ヒットしたら”アワセ”が必須!

6.天気とブラックバスの関係

7.季節とバスの活動の関係

8.スピナーベイトに
          トレーラーは必要?

9.おかっぱりの戦略

10.ラインはどれくらい使用できる?

11.バスは何故ルアーを追うの?


 初めてのバス釣り(バスフィッシング)〜初心者・持ち物・道具・ルアーの選び方(トップページ)
                                                  >1.タックル(釣竿・リール)の選び方

1.タックル(釣竿・リール)の選び方 〜バス釣り(バスフィッシング)の持ち物〜初心者おすすめ

  バス釣りはルアーフィッシングで行います。よって、タックル(釣り竿、ロッドとリール)選びは重要になります。
  初心者だから、ホームセンターの2,000円のやつでいいや。という訳ではなく、初心者こそ扱いやすいタックルが必要です。

  実は管理人、友達3人とホームセンターで2,000円のセット(ロッドとリール)を購入し、4人とも、数回で壊れてしまい、
  買い換えた経緯があります。バス釣りは、ルアーを1時間に50回など非常に多くキャスティングしますので、
  ロッドもリールも耐久性が重要になります。

   バス釣りで使用されるタックルの種類は大きく分けて2つになります。
    @スピニングタックル(釣り竿に対して、リールが下にあり、糸を横に(直角に)巻くタイプ)
    Aベイトタックル(釣り竿に対して、リールが上にあり、糸を縦に(平行に)巻くタイプ)

  それぞれの特徴としては以下の通りになります。
    @スピニングタックルは、扱い易く、軽量のルアーに適しているが、力が弱い。
    Aベイトタックルは、力が強く、重いルアーに適しているが、扱いが慣れるまでは難しい。
  慣れてきた場合には、是非、2種類を持ってバス釣りを楽しみたいですが、初心者の方は、@スピニングタックルを選びましょう。
  理由としては、まずは楽しく遊ぶ為に、扱い易い道具を選ぶことが良いためです。
  
  ロッドの硬さは何にでも対応できるようにまずは、ミディアムタイプを選びましょう。
  慣れてきたら、硬いロッドのベイトタックルでハードルアーを、柔らかいロッドのスピニングタックルでワームを扱いましょう。

  初心者の方や、すべてを1本で扱いたい方は、扱いも簡単な”スピニングタックル”の標準タイプをおすすめします。

  下に各アイテムを紹介しています。
  (価格は参考です)
【スピニングロッド】

シマノ(SHIMANO)
ルアーマチック スピニング
S66ML 338815

(4,620円)

【スピニングロッド】

シマノ(SHIMANO)
バスワンR スピニング
266ML-2 340801

(5,506円)
【スピニングルアー】

シマノ(SHIMANO)
ナスキー 2500S

(7,703円)

【スピニングルアー】

シマノ(SHIMANO)
'11エルフ 2500S

(5,312円)
【ベイトロッド】

シマノ(SHIMANO)
バスワンR ベイト
163M-2 340726

(6,400円)

【ベイトロッド】

シマノ(SHIMANO)
バスワンR ベイト
166M-2 340740

(5,662円)
【ベイトリール】

シマノ(SHIMANO)
NEW バスワンXT (右)

(6,330円)

【ベイトリール】

シマノ(SHIMANO)
12 バスライズ 029188

(4,865円)