バス釣り・バスフィッシングの
              持ち物・道具

1.タックル(釣竿・リール)

2.糸(ライン)・その他アイテム


バス釣り・バスフィッシングの
       ルアー・ワームの選び方

1.ポッパー

2.ペンシルベイト

3.ノイジー

4.スウィッシャー

5.ミノー

6.クランクベイト

7.バイブレーション

8.スピナーベイト、バズベイト

9.メタルジグ

10.ワーム(ソフトルアー)



バス釣り、豆情報!!

1.おすすめのルアー
    (管理人の爆釣ルアーなど)

2.スピナーベイトの動かし方

3.ブラックバスの習性

4.バスの活性が上がる時期は?

5.ヒットしたら”アワセ”が必須!

6.天気とブラックバスの関係

7.季節とバスの活動の関係

8.スピナーベイトに
          トレーラーは必要?

9.おかっぱりの戦略

10.ラインはどれくらい使用できる?

11.バスは何故ルアーを追うの?


 初めてのバス釣り(バスフィッシング)〜初心者・持ち物・道具・ルアーの選び方(トップページ)
                                                    >スピナーベイトにトレーラーは必要?

スピナーベイトにトレーラーは必要?  〜バス釣り(バスフィッシング)〜

  スピナーベイトを使用するときに、フックに付けるワームのことを、”トレーラー”と言います。
  スピナーベイトは、キラキラしたブレードと、毛の様なスカートがひらひらして、
  ブラックバスからすると、小魚の群れに見えるのか、ハードルアーでは、ナンバー1です。

  そのバスから見て魅力的なスピナーベイトに、更に、ミミズなどの形状をしたワームを付ける・・・。
  見た目も非常にグロテスクな感じになり、もはや、何を意識して、何をバスにアピールしているのやら
  という状態になります。

  しかし、これがお腹の空いた、高校生に”カレー+トンカツ+エビフライ”を見せたかのようなイメージなのか、
  ”食いつきが良くなる”場合があります。

  私が試した中では、グラブやクロー(ザリガニ)よりも、ダブルテイルグラブ(尾っぽが2つのグラブ)が一番効果がありました。
  (もちろん、タマタマかも知れませんが・・・。)
  ですので、ダブルテール(色:ウォーターメロン)は、トレーラー用に持ち歩いています。

  但し、投げまくるルアーである”スピナーベイト”にワームを付けて、引きまくるとワームの痛みも激しく、
  スピナーベイトによっては、バランスを崩す場合もあります。

  よって、ここぞ!という場面で取り付けるのをおすすめします。
  (まずは、自分のスピナーベイトと相性の良い大きさやフックの掛け方を研究してみましょう。)

  尚、ワームは塩分を含んでいますので、釣りが終わった時点で取り外し、スピナーベイトのフックなどは
  流水で洗っておくようにしましょう。(そうしないと、次の釣りの時までに大切なスピナーベイトが錆びてしまいます)

  ここぞという時の為に、自分だけの、お気に入りの”トレーラー”を見つけたいですね。